オリジナルの表彰楯を製作してくれる通販店

ゴルフコンペの時には優勝カップや盾を勝者に配布するケースは多いのではないでしょうか。会社勤めをしている場合には、勤続10年や20年などの節目毎に、表彰状や記念品を配布するケースも多いと言えるでしょう。
勤続20年なら大学を卒業して入社した場合、45歳などの年齢、勤続30年などの場合は55歳の年齢になっているケースは多く、同じ会社に続けて籍を置く従業員には、記念盾を贈呈するケースも少なくありません。
記念盾は通販店を使う事で購入が出来るようになっていますが、何らかの記念を祝うものは記念盾、表彰を行う目的で利用する場合には表彰楯などに呼び名が変わる事もあります。いずれも通販店では既製品を初め、オリジナルデザインの盾の製作も出来るようになっていますし、製作したいデザインを提供すればコストも安くなります。

材質は様々なので予算などに応じて選びましょう

通販店を使えば記念楯や表彰楯を購入することが出来ますが、既製品の場合には、楯に記載する文字を通販店に伝える事で、オリジナル品にすることが出来ます。しかし、セミオーダーで作りたい場合には、全体的なデザインや素材を選ぶ必要があります。デザインは既製品を参考にして考えるのがお勧めで、種類が豊富なお店をチェックしておくと良いでしょう。
素材については金属製や石系、木材系などの種類があります。石系には大理石などのような質感や重量感を持つ素材もあるので、デザインに合わせて材料を選ぶと良いでしょう。
アクリルを使ったものは落としてしまった時でも壊れにくい耐久性があります。金属製は輝きが魅力の材質、ガラスは落とすと割れてしまいますが、光沢感および透明感が魅力の材料と言えるでしょう。

他とは違ったものを記念に贈呈する事が出来ます

セミオーダーの表彰楯は、既製品とは異なり世界に一つの作品、完全なオリジナル品です。枠が木製になっているもの、金属製や大理石などのような豪華さを持つもの、耐久性が優れているアクリル製やガラス材料で出来ているものなど、セミオーダーだから出来るメリットを持っています。
ちなみに、セミオーダーは自ら製作を行ったデザインデータを通販店に送付して製作して貰う事が出来るシステムで、好みの柄や彫刻を施したり、印刷する事が可能です。しかし、自分でデザインを作る事が出来ない、頭の中ではイメージがあるけれどもデータを作る事が出来ないケースもあります。
イメージしているものをラフにデザイン画を描いて、それを通販店に送付する事で、お店側にデザインデータを製作して貰う事も出来ますし、イメージ通りのデザインになるまで何度でも修正を受けてくれるお店もあります。